『ほーら、泣きやんだ! CDブック』

ほーら、泣きやんだ!CDブック―赤ちゃんが泣きやむハッピーテク (Gakkenベビー&キッズBOOK)

ほーら、泣きやんだ!CDブック―赤ちゃんが泣きやむハッピーテク (Gakkenベビー&キッズBOOK)

「泣く子と地頭にゃ勝てぬ」と昔の人は申しました。地頭がどんだけ怖いか知りませんが、ほんとにほんとに赤子の泣き声には白旗。もう泣きやんでくれるなら、親の権威とかどうでもいいから、土下座でもなんでもしちゃうよ〜ってな気分。

そんなときに「赤ちゃんが泣きやむハッピーテク」が55も載ってる上に、「赤ちゃんが泣きやむ」クラシック曲収録CDまでついてくる本があると聞いたら、いちもにもなく飛びつきますよ! というわけで買いました。ちなみに「ほーら、泣きやんだ!」のCDシリーズは何枚も出てるようですね。

本といっても34ページのパンフレットのようなものですが、この泣きやませテクがなかなか充実。すべて写真と簡単なキャプションがついてきて、ちょっとしたマッサージだったり声のかけ方を工夫したものだったりと、実践するのも簡単そう。知らなかったものも多々あって、今後結構役に立ちそうです。さっそく徐々に取り入れたりしています。

CDのほうは、胎内にいた赤ちゃんが聞いていた音の感じを再現するために〈妊婦さんの子宮内にマイクを挿入〉して研究する徹底ぶり。想像するとちょっとスゴイものが……。確かにボワワーンと、ちょっとくぐもったような音です。

収録されている曲は、「G線上のアリア」などクラシックオンチのわたしでも知ってるようなメジャー級の曲ばかり(タイトル見てわからなくても聞いたことあると思います)。どの曲も心音に似た音が重ねられているので、ものすごく心地よくて、正直子どもより私自身に効果覿面。ソッコー眠くなります(笑)。子どもが大きくなっても、ちょっと神経が高ぶって寝られないときなんかに使えそうな気がします。育児でやさぐれたときに聴いても癒されそう。

ま、どうやったって泣きやまないときは泣きやむまで放置してたりしますが(鬼)、こっちが「おうおう、とことん付き合ってやるから、とことん泣きなよ!」とどーんと構えると案外さっくり泣きやんだりしますよね。世の中のおかあさんがた、きょうも我が子の泣き声をBGMに頑張りましょうー!